京懐石 美濃吉 (和食 みなとみらい)

『京懐石 美濃吉』
※横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ 4F
 その他関東~関西各所

京都に本店のある京懐石のお店です。
元々、川魚料理のお店なので、すっぽんや鰻料理が
名物のようです。

☆美濃吉は、店舗によってメニュー構成が変わります。

今回は、7月の雪懐石「天の川 (¥10,800-:税込)」
を頂きました。
多忙な日々も一段落したので、奮発して
この季節の旬の食材を頂きに行って来ました。

食前酒
最初に盃一杯の日本酒を頂きます。

美濃吉(7月)前菜
前菜:季節の彩り盛合わせ
山クラゲとクリームチーズ/鱧と瓜の和え物/じゅんさい/
枝豆とコーンの焼き物/松風/鴨ロース/煮こごり


美濃吉(7月)椀
椀:鱧葛打ち 冬瓜 天の川素麺 星おくら ふり柚子
冬瓜は、中までしっかりとダシがしみています。
鱧は柔らかくふっくらとしています。
柚子の香りが爽やかで、美味しい椀物でした。

※やっぱりこの時期は鱧ですよね!

美濃吉(7月)向付
向付:本日のお造り盛合わせ
鮪/イカ/鯛/鱧/生湯葉

美濃吉(7月) 焼き物①
美濃吉(7月) 焼き物②
焼き物:長野県産 鮎塩焼
最初、大きな壺が運ばれてきて、びっくりしました。
蓋を開けると香ばしい煙と笹の香りが漂いました。
こういう演出は楽しいですね。
こんがりと焼かれた鮎は頭から丸ごと蓼酢で頂きます。


美濃吉(7月) 旬彩(黒毛和牛)
旬彩①:黒毛和牛炙り焼き
     京都上賀茂産 賀茂茄子 彩り野菜

賀茂茄子は普通の茄子より身がしっかりしていて、
味が濃く、非常に美味しいです。
付け合せの野菜もたっぷりで、うれしいですね。
もちろん牛肉も美味しいです。


美濃吉(7月) 旬彩(焼あわび等)
旬彩②:焼あわび 海老 糸瓜 赤玉葱 土佐酢
もう一品は酢の物でさっぱりと頂きます。

※旬彩は3種より2つ選択です
 その他は、「鱧と貝柱のかき揚げ」でした。

美濃吉(7月) 鉢物
鉢物:すっぽん羽二重蒸し
すっぽん初体験です。
食べてみたいと思いつつ、なかなか機会がなくて・・・。
今回、少量ですが味を試せて良かったです。
肝心の味は、味付けが濃厚で、皮はプルプル、
身は鶏のささみのようでした。

ちなみに「羽二重蒸し」とは、目の細かいザルや布で卵液を
こして作った非常に柔らかく滑らかな茶碗蒸しのことです。

※妻は「これで明日は肌ツルツル」と喜んでいましたが、
 この量では効果はほとんどなかったようです。

美濃吉(7月) ご飯
ご飯:鰻ごはん 香の物 留椀
関西風かと思ったら、背開きで柔らかく蒸し上げた、
タレもさっぱり辛口の関東風の鰻でした。
留椀は豆腐となめこの赤出汁でした。
個人的には鰻にはお吸い物が合うと思います。

※ご飯は他に「釜炊き鱧と生姜ごはん」が選択できます。

美濃吉(7月) 水物①
美濃吉(7月) 水物②
水物:果物盛合わせ 甘味 お薄
水物はフレッシュフルーツの梅酒ジュレ掛け、
甘味は太目のもちもちした葛きりでした。


料亭や板前割烹よりカジュアルに旬の食材を使用した
日本料理が楽しめます。
二千円代からのリーズナブルなお弁当もあるので、
みなとみらいでの買い物帰りの遅めの昼食にも
お勧めです。
サービス料がかかりますが、個室も用意されています。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは~

ホント! 今回は 奮発してますね~
ただ ・・・ ウナギには 奈良漬 と 思いますけど ・・・
〆に お薄! って イイですね。
プロフィール

RON‐2

Author:RON‐2
1st:since 2010.04
2nd:since 2013.07

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村
FC2カウンター(20160427~)